スノボ2選手 角野 稲村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日休み 5月2日は月曜日

東京情報マガジン

嵐 熊本 目撃情報

熊本県天草市出身の放送作家・小山薫堂氏(51)が作詞し、嵐が歌った楽曲「ふるさと」を使った、熊本地震被災地に向けた60秒の応援メッセージCMが1日、熊本県の民放4局で午後8時53分から一斉に放送された。  嵐のメンバー5人は、画面に登場すると、「熊本の皆さん、嵐です」と被災者に語りかけた。  櫻井翔(34) 「この度、地震被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます」  二宮和也(32) 「きっと、想像もできないような大変な毎日が続いていると思います」  大野智(35) 「それでも、互いに助け合っている皆様の姿に、心打たれました」  相葉雅紀(33) 「少しでも、皆様のお力になれるよう、僕たちもできることから始めます」  松本潤(32) 「幸せな日常が戻るその日まで、僕たち嵐は」  5人 「みなさんの、ふるさとに寄り添います」   放送作家・脚本家で熊本県出身小山薫堂氏(51)が4月30日、自身のフェイスブックを更新。2010年のNHK紅白歌合戦のために、自ら作詞し、アイドルグループ・嵐が歌った楽曲「ふるさと」を使用した、熊本地震復興への新企画を発表した。  内容は制作した60秒の応援メッセージを、熊本放送テレビ熊本熊本県民テレビ、熊本朝日放送の、熊本県の民放4局で、5月1日午後8時53分から1分間、一斉に放送するというもの。  フェイスブックで小山氏は「ジャニーズ事務所さんにご相談したところ、お力を貸してくださいました」と明かし「熊本の民放4局が一致団結して、同日同時刻一斉放送します」と報告。続けて「熊本日日新聞、ラジオ各社まで加わり、ライバルの壁を越えての展開となってきました」とつづり「こんな時だからこそ、みんな一緒に! …メディアが一丸となる姿勢が、熊本のみなさんの勇気の支えになりますように!」と呼びかけている。